「子供と行く海外旅行」空港までは何で行く?

子供と行く海外旅行の場合、空港には早めの到着が望ましいです。
寸前になって、子供をせかしてしまうと、子供が行く気をなくしてしまうからです。

なので、ゆったりとした気持ちで、空港に向かうことが必要です。
なるべく、飛行時間の2時間前には、空港に着くことが望ましいでしょう。
こちらでは、空港までの移動手段についてまとめてみました。

フラフープ

電車

メリット

時間が正確なので、計画を立てやすい

デメリット

大きな荷物・ベビーカーでの移動が大変

リムジンバス

メリット

乗り場が案外多いので、近くに乗り場がある場合は意外と狙い目です。

デメリット

交通渋滞などで、時間通りにつかないことがあります。

自家用車

メリット

大きな荷物でも、移動が楽。
子供は、自身のペースで寝ることもできます。

デメリット

駐車場代がかかってしまいます。
渋滞などで、時間通りにつかないことがあります。
帰りの運転手は時差ボケがあったりしてしんどいです。

タクシー

メリット

荷物があっても移動が楽です。
運転しなくても良いので楽。

デメリット

料金が高い