子供と行く海外旅行で航空会社を選ぶ際のポイント

子供と行く海外旅行では、航空会社選びも重要なポイントです。
特に、子供向けのサービスを重要視しましょう。
こちらでは、ポイントをまとめてあるので参考にしてください。

子供と母親

航空会社選びのポイント(子供連れ)

安全な航空会社にする。

古い飛行機の航空会社は要注意。
日本の航空会社や大手の外資系航空会社なら安全。

直行便がおすすめ

子供連れの場合、飛行時間が短いに越したことはありません。
なので直行便がおすすめになります。

座席指定ができるところ

子供と行く海外旅行だと、座席の位置は一番重要です。
なるべく最前列のほうが広々してるし、トイレも行きやすいのでおすすめです。

子供向けのサービスが充実

なるべく子供向けのサービスしている航空会社がおすすめです。

座席についてさらにポイント!

子供と行く海外旅行では、座席が一番重要。
スクリーンの前をおすすめしているケースがありますが、場合によってはおすすめできません。
大型スクリーンの前だと、眩しくて子供が寝付けない場合があるからです。
スペースがあるので、子供に良いと思うかもしれませんが、上映中に子供が動くと、他のお客さんに気を使う可能性もあるので慎重に。
当日に、チェックインカウンターで、空席があることが確認できたら、なるべく周辺に空席のある場所を選びましょう。
空席があれば、子供を横にして寝かせることができるからです。

座席指定は可能?

ツアーや格安航空券の場合はほとんど座席指定できません。
ただ、通路側・窓側などは指定できます。
トイレに行きやすい通路側がおすすめです。

機内での子供向けサービスについて

バシネット

バシネットとは機内取り付け型ベビーベッドのことです。
たいてい最前列に備えられたりします。

チャイルドミール・ベビミール

予約が必要になりますので、航空会社もしくは旅行会社に事前に予約をしておきましょう。
また、アレルギーがある子どもの場合は、その旨を伝えておきましょう。

オムツ・粉ミルク

航空会社によっては、オムツ・粉ミルクを常備しているところと、そうでないところがあります。
また、あるとしてもサイズや数に限りがあります。
粉ミルクも指定まではできません。
普段使用しているメーカーと違うオムツをしたために、かぶれるという可能性もあるので、あくまで予備と考えましょう。
ただし、お湯をもらうことは可能です。
その際は、粉ミルク用にお湯とミネラルウォーターを混ぜて、ぬるま湯にすることを忘れずに。

パーソナルビデオ付き

座席一つ一つに、テレビ画面がついていて、映画を見ることができます。
映画を見ている方が子供はおとなしくしているのでおすすめです。